HOME > 株式会社の定款に記載する事項

株式会社の定款に記載する事項

株式会社の定款に記載する事項

株式会社の定款には、必ず記載しなければならない事項(絶対的記載事項)があります。さらに「相対的記載事項」や「任意的記載事項」についても考慮する必要があります。商業登記の基礎知識として、株式会社の定款記載項目をご紹介します。

絶対的記載事項(会社法第27条)

定款に必ず記載しなければならない事項であり、1つでも記載が欠けていると、定款そのものが無効となります。会社法で定められているのは次の項目です。

  • 会社の目的
  • 商号
  • 本店の所在地
  • 設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
  • 発起人の氏名または名称および住所
  • 発行可能株式総数

発行可能株式総数については、定款認証時に記載する必要はありませんが、記載しなかった場合は会社設立(登記)までに定款を変更し、その定めを設ける必要があります。

相対的記載事項(会社法第28条・29条)

その記載がなくても定款が無効になるわけではありませんが、記載しない限り規則としては有効にならない項目です。相対的記載事項には次のようなものがあります。

  • 株式の譲渡制限に関する定め
  • 金銭以外の財産の出資(現物出資)
  • 公告の方法
  • 株式会社が負担する設立に関する費用
  • 取締役などの任期の伸長
  • 取締役会の招集通知期間の短縮

任意的記載事項

その記載がなくても定款は無効となりませんが、定款に記載しなくても規則として有効になる事項です。法律あるいは会社の本質に反しない限り、いかなる事項でも定めることが可能です。次のような項目を定款に盛り込むことで内容が明確になり、より拘束力を高めることができます。

  • 事業年度
  • 株主名簿の基準日
  • 取締役、監査役などの役員数
  • 株主総会に関する規定

当事務所は青森県弘前市を中心に、商業登記や会社設立手続き、不動産登記に関するご依頼を受け付けております。必要書類に記載すべき事項が分からない、商業登記の手間を省いて本業に集中したい、役員変更登記や事業目的変更登記、本店移転登記を行いたい場合には、お気軽にご相談ください。

青森県弘前市で司法書士事務所をお探しなら当事務所へ。相続・不動産登記などを承ります。

青森県弘前の司法書士事務所【司法書士倉橋孝行事務所】 概要

事務所名 司法書士倉橋孝行事務所(旧 葛西勝義司法書士事務所)
所在地 〒036-8087 青森県弘前市大字早稲田三丁目2番地9
電話番号 0172-26-4777
FAX 0172-26-4955
メールアドレス info@daisho-kurahashi.com
URL http://daisho-kurahashi.com/
業務内容 不動産登記、商業登記、裁判書類作成
説明 青森県弘前市で相続のご相談なら司法書士倉橋孝行事務所へ。司法書士倉橋孝行事務所は、弘前市で40年の歴史を持つ司法書士事務所です。相続問題や不動産登記、商業登記、裁判書類作成などにお困りならお気軽にご相談ください。

▲ページトップに戻る