HOME > なぜ不動産登記するの?

なぜ不動産登記するの?

なぜ不動産登記するの?

土地・建物の売買や相続手続きを進める上で、不動産登記はとても重要なものになってきます。
そもそも、不動産登記はなぜ必要なのでしょうか。

民法第177条の対抗要件

不動産登記とは、土地・建物などの不動産の所有権を法務局の不動産登記簿に記載することです。高価な財産である不動産の所在、面積、所有者の氏名などを登記簿に記載し、これを公開することによって権利関係を明確にし、取引の安全と円滑を図るものです。不動産登記の重要性について、民法第177条では次のように定めています。

●第177条(不動産に関する物権の変動の対抗要件)

不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

「不動産に関する物権の得喪」について、土地の売買を例にご説明しますと、土地を売った売主は「土地の所有権」という物権を喪失します。

一方、土地を買った買主は「土地の所有権」という物権を得ることになります。つまり、土地の売買がなされて物権の得喪があった場合は、登記をしなければ第三者に対抗することができないということです。

大切な権利を守るために

大切な権利を守るために

民法第177条で定められた通り、不動産登記をしていないと、自分の権利を第三者に主張することはできません。

例えば、マイホームを購入したにもかかわらず、先に登記をしたという別の所有者が現れることがあります。
売主がより有利な条件で別の買主に二重譲渡するというのは、実際に起こり得ることです。

先に契約を結んで代金を支払っていても、登記をしていなければ所有権は認められません。不動産は登記をして初めて「この不動産は私のものです」と主張することができるのです。不動産登記を怠ると、相続が発生した際にもトラブルを引き起こしかねません。大切な権利を守るためにも、取引が済んだらすぐに登記手続きを行いましょう。

青森で不動産登記や相続についてご相談されたい方は、弘前市にある当事務所をご利用ください。経験豊富な司法書士が、所有権保存登記や所有権移転登記、遺言書作成、遺産分割協議書などのご相談をお受けしております。時間外・弘前市以外の地域でも対応可能ですので、相続や登記でお困りの方はご相談ください。

青森県弘前市で司法書士事務所をお探しなら当事務所へ。相続・不動産登記などを承ります。

弘前で相続相談なら【司法書士倉橋孝行事務所】 概要

事務所名 司法書士倉橋孝行事務所(旧 葛西勝義司法書士事務所)
所在地 〒036-8087 青森県弘前市大字早稲田三丁目2番地9
電話番号 0172-26-4777
FAX 0172-26-4955
メールアドレス info@daisho-kurahashi.com
URL http://daisho-kurahashi.com/
業務内容 不動産登記、商業登記、裁判書類作成
説明 青森県弘前市で相続のご相談なら司法書士倉橋孝行事務所へ。司法書士倉橋孝行事務所は、弘前市で40年の歴史を持つ司法書士事務所です。相続問題や不動産登記、商業登記、裁判書類作成などにお困りならお気軽にご相談ください。

▲ページトップに戻る