遺産分割協議書とは何か

相続が発生し遺言書がない場合には、多くのケースで遺産分割協議書が必要となります。

なぜ作成しなければならないのか、どのような場面で求められるのかをご説明しますので、今後の参考にしていただければ幸いです。

遺産分割協議書の効力とは

相続人が複数人いる場合、遺産を誰にどう分けるかを話し合うのが「遺産分割協議」です。協議が成立したら、話し合って決めた内容を「遺産分割協議書」に取りまとめ、相続人全員が署名・押印をして各自一通ずつ保管します。

遺産分割協議は相続人全員が参加しなければ無効となりますので、遺産分割協議書も相続人全員の合意がなければ作成できません。遺産分割協議書は、一度成立してしまうと原則として解除することができないほどの効力を持ちますので、熟考を重ねた上で作成しましょう。

遺産分割協議書が求められる場面

遺産分割協議書には、相続人全員の合意を明確にし、後のトラブルを避ける証拠書類としての役割があります。相続において必ず作成しなければならないわけではありませんが、協議書がなければ不動産登記や預金の名義変更などができない場合があり、現実問題として作成が必要になってきます。

不動産登記の手続き

法務局における不動産登記の移転手続きでは、申請書の他にも、不動産の権利者を明らかにするための遺産分割協議書を提出します。

預金に関する手続き

名義の書き換えや預金の解約を行う場合、誰が権利者となるのかを証明するための遺産分割協議書が求められます。

他にも相続税の申告手続きや自動車の名義変更など、重要な手続きでは必ずといっていいほど遺産分割協議書を求められます。相続手続きを円滑に進めるため、速やかに作成しておくべきといえるでしょう。

遺産分割協議書作成上の注意点

遺産分割協議書に特定の書式や記載上のルールはなく、各自で作成することは可能ですが、記入すべき事項は細かく定められています。
また、「不動産登記ができる表記になっているか」「誰が協議書の内容を実現するのか」など、注意すべき点が多く、記載には一定の知識が必要です。

いったん作成した遺産分割協議書の取り消しは極めて困難ですので、専門家と相談しながら作成したほうが安心といえます。司法書士であれば、登記手続きの一環として遺産分割協議書を作成することが可能です。不動産がある場合は司法書士に相談しましょう。