抵当権抹消登記をしよう!

住宅ローンを全額返済しても、実はまだやるべきことが残っています。それは、不動産登記の一種である、抵当権の抹消登記です。抵当権を抹消していないと、後々の不動産売買や相続で不利益が生じるおそれがあります。住宅ローンを完済したら、抵当権の抹消登記を早めに行いましょう。

抵当権とは

住宅ローンなどでお金を借りる際に、土地・建物などの不動産を担保として確保する権利のことです。銀行などの金融機関で住宅ローンを組むためには、基本的に「抵当権設定登記」を行わなければなりません。

この住宅ローンを完済すれば、金融機関にとって抵当権の登記は不要となります。しかし、金融機関が自ら抹消登記を行ってくれるわけではありません。よって住宅ローンを完済したら、自分で抵当権を抹消する必要があるのです。

抹消登記をしないとどうなる?

抹消登記をしないからといって、ただちに不利益を被る可能性は低いでしょう。ただし、再び住宅ローンを組む場合や、不動産を売買する場合は、原則として抵当権の登記を抹消していなければなりません。

いつでも抹消することは可能ですが、あまりに長い期間が経過すると、必要な書類を紛失してしまったり、相続や贈与の問題が絡んできたり、金融機関の合併などで権利関係が複雑になったりと、様々な不都合が生じてしまいます。トラブルを避けるため、抵当権は早めに抹消しておきましょう。

司法書士に依頼する方法も

住宅ローンを完済すると、金融機関からは抵当権の抹消手続きに必要な書類が送付されます。この書類を用いて、個人で抵当権の抹消登記を行うことは可能です。

ただし、書類には様々な事項を記入しなければならず、手続きには手間がかかります。

平日の受付時間内に、法務局まで足を運ぶことが難しい方もいらっしゃると思います。お時間のない方や、手続きを面倒に思われる方は、不動産登記の専門家である司法書士に依頼するのもひとつの方法です。