なぜ不動産登記するの?

土地・建物の売買や相続手続きを進める上で、不動産登記はとても重要なものになってきます。

そもそも、不動産登記はなぜ必要なのでしょうか。

民法第177条の対抗要件

不動産登記とは、土地・建物などの不動産の所有権を法務局の不動産登記簿に記載することです。高価な財産である不動産の所在、面積、所有者の氏名などを登記簿に記載し、これを公開することによって権利関係を明確にし、取引の安全と円滑を図るものです。不動産登記の重要性について、民法第177条では次のように定めています。

第177条(不動産に関する物権の変動の対抗要件)

不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

「不動産に関する物権の得喪」について、土地の売買を例にご説明しますと、土地を売った売主は「土地の所有権」という物権を喪失します。

一方、土地を買った買主は「土地の所有権」という物権を得ることになります。つまり、土地の売買がなされて物権の得喪があった場合は、登記をしなければ第三者に対抗することができないということです。

大切な権利を守るために

民法第177条で定められた通り、不動産登記をしていないと、自分の権利を第三者に主張することはできません。

例えば、マイホームを購入したにもかかわらず、先に登記をしたという別の所有者が現れることがあります。
売主がより有利な条件で別の買主に二重譲渡するというのは、実際に起こり得ることです。

先に契約を結んで代金を支払っていても、登記をしていなければ所有権は認められません。不動産は登記をして初めて「この不動産は私のものです」と主張することができるのです。不動産登記を怠ると、相続が発生した際にもトラブルを引き起こしかねません。大切な権利を守るためにも、取引が済んだらすぐに登記手続きを行いましょう。