名義変更

土地建物を買った時、両親が亡くなった時など、不動産の名義を変更する必要があります。

一般に名義変更と言われていますが、それは所有権移転登記のことである場合がほとんどです。名義変更(所有権移転登記について)青森県弘前市の司法書士が詳しく説明します。

売買(土地建物を買った時)

土地建物を人から買った時は、売買を登記の原因として、名義変更(所有権移転登記)をする必要があります。

そのままにしておいても、すぐに困るようになることは少ないですが、例えば、売主が亡くなった場合、相続が発生し、売主の相続人が、相続登記をしてしまい、名義が変わってしまう場合があります。

また、金融機関から融資を受ける場合などは、必ず買った人の名義であることが前提となりますので、この場合も必要となります。

また、あまり考えたくないですが、そのままにしておくと、売主が別の誰かに売ってしまい、名義変更(所有権移転)までも済ませてしまうことも可能性としてはあります。こうなれば、名義を取り戻すことはほとんど不可能です。

相続(人が死亡した場合)

人が死亡した場合、死亡した人の名義の不動産があれば、相続登記をするひつようがあります。

相続登記は、あせってする必要はありませんが、ずっとそのままにしておくと、名義変更が困難となる場合があります。例えば亡くなったひいおじいさんの名義のままにしておいたなどです。この場合、相続人の人数が多くなってしまい、全員から実印をもらえなければ、名義変更が不可能です。

贈与(親から子へ)

親が元気なうちに、子へ財産を譲りたい場合は、贈与を原因として、名義変更(所有権移転登記)をする必要があります。

家庭の事情が複雑な場合、家を増改築リフォームする場合などに必要となります。

贈与による名義変更は、贈与税の対象となる場合が多いので、よく考え、場合によっては、税理士などに相談し、行ったほうがよいでしょう。

名義変更のご依頼は

青森県弘前市で、名義変更を相談希望なら、ぜひ当事務所にお越しください。まずは、事情をお伺いし、懇切丁寧な説明をいたします。弘前市だけでなく、 浪岡、青森市、黒石市、平川市、大鰐町、田舎館村、藤崎町、板柳町、鶴田町、鯵ヶ沢町、その他津軽一円対応可能です。